nicotto art philosophy & vision

ニコットアートのコト

 

アートをする目的 は?

と聞かれたら、こう答えます。


『世界中のひとに『笑顔』を与えること』

僕が絵を描くことによって、社会に与えることができるもの

それは、ひとりでも多くのひとに『笑顔』の花を咲かせること


世界は今、紛争・テロ、地球温暖化、食料とエネルギー問題、

経済至上主義、うつや自殺問題・・

 

いまだ何十年もなくならない問題がたくさんあり
自分たちだけで解決できる問題ではなくなった

今日の食べ物さえ無く、苦しんでいる国
一日期限が過ぎただけで食べ物を大量に破棄している国

毎年たくさんの人が、争いや病気で死んでゆく国
毎年3万人のひとが、自ら命を絶っている国

貧しいけど、笑ってる人が多い国
豊かなのに、苦しんでる人が多い国


なにかおかしくない?


物も、デザインも、技術も、サービスも、情報も過剰に溢れ 

豊かなはずなのに、ココロにゆとりの隙がない

だから、足元の大切なものに気付かない


すでに充分なのに、まだ欲しがり 

本当に必要なものを、受け取らない

 

自分さえ、家族さえ、日本さえの時代は、もう終わり

自分にしか、わからない自己満足のアートは終わり

アートは自由だけど、

自由には責任が伴う 
アートが社会の中に存在する以上、

そこには社会への責任が発生する

今、僕にできること
それは、絵を描くこと

絵を描くことによって、社会に与えることができるもの
それは『笑顔』

ほんの一瞬、

ほんの少しでいいから
泣いてるひとが、希望のないひとが、イライラしてるひとが、

悲しいひとが一瞬『笑顔』になる


それは

ココロにゆとりをつくることであり

楽しい未来への第一歩になる

『笑顔』の先にあるもの
夢・希望・シアワセ・未来

そして、愛

 

Smile makes everyone happy.


『笑顔』の瞬間は、国を超え、時代を超え、世界共通普遍的な『シアワセ』な瞬間
『笑顔』の力は、隣のひとに伝わって、巡り巡って世界へと広がってゆく
『笑顔』の花が、世界中で満開となり、いつか『愛』という名の実をつける

世界中のひとに ニコッと!『笑顔』を与えよう
モノクロの世界を、カラフルな世界に変えよう!

 

I want to change the monochrome world in colorful world.


無味乾燥で冷たいものではなく、

暖かい、ひとの心と心のつながりを求めてゆく
そんなアートを表現していきたい

 

 


かめろう